忍者ブログ
  • 2018.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2019.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/12/17 02:55 】 |
PENTAX デジタル一眼レフカメラ K-7 ボディK-7
PENTAX デジタル一眼レフカメラ K-7 ボディK-7

PENTAX デジタル一眼レフカメラ K-7 ボディK-7
おすすめ度:


レンズは付属しません。別途お買い求め下さい。◇視野率約100%ファインダー見たままを記録できてこそ、一眼レフカメラは本格派を名乗れる。◇防塵・防滴構造・-10℃耐寒動作保証◇有効約1460万画素・新CMOSセンサーS/N比向上、4チャンネル読み出し。 新設計で進化した「眼」◇3.0型約92.1万ドット液晶モニター大きく高精細なモニターで、再生画像もライブビューも美しい。◇堅牢性と軽量化の両立。マグネシウム合金外装堅牢かつ軽量、隙のない寸法精度。本格性能を守る、高品位な鎧。◇新画像処理エンジン「PRIME II」インテリジェントな画像/ノイズ処理で、高機能・高画質化を実現。◇ボディ内蔵手ぶれ補正機構「SR」すべてのレンズで効果を発揮し、その光学性能を余さず引き出す。◇超音波振動ゴミ除去機能「DR II」ゴミ除去効果がさらに向上。もう異物の写り込みは気にならない。◇ハイパー操作系露出を自在に操る醍醐味。写真家の絶大な支持を集める独自機能。◇高速・高精度オートフォーカス◇約5.2コマ/秒 高速連続撮影◇高精度77分割測光◇電子水準器◇ライブビュー撮影◇HD動画撮影機能◇レンズ収差補正機能◇構図微調整機能 /


レンズキット
初めて一眼レフディジタルカメラを購入しました。初心者的にはもっと安価なエントリー機種でも充分なのですが、年齢的に見栄を張ったと言うのが本音です。徐々に慣れてくると楽しまさせて頂いてますが、望遠もいじりたくなり同レベルの200mmのレンズを購入しました。最初からダブルレンズキット見たいのがあると、そちらを選択してたかなと思います。

機能の最先端をいくデジタル一眼レフカメラ
 コンパクトデジタルカメラで撮影した後、画像の傾きに気付くことが少なくなく、PhotoShopでの水平調整が欠かせません。

 本カメラは特長が多く、超音波振動ゴミ除去機能がDRIIとなって撮像センサーのダスト付着対策が強力になったことも魅力のひとつですが、自動水平補正機能がオートフォーカス機能の登場した時のように魅力に感じられ、防湿ケースに眠ったままの銀塩方式の一眼レフカメラシステムから、デジタル一眼レフカメラシステムへの切り替えを決意させてくれました。

 自動水平補正機能については、まず、ファインダーに電子水準器を表示させるだけで撮影してみましたが、傾き調整と撮影対象に注意が分散されることから、その機能が期待通りのものであることを理解しました。

 撮影者の嗜好に対応するカスタム機能、デジタルフィルターやカメラ内RAW現像などの従来はPCの処理であった機能の内蔵など、「こんな道具を作ってしまいました。うまく使いこなしてくださいね。」という声が聞こえてきそうです。

 マグネシウム合金製の剛性の高いこぶりなボディは質感が高く、必要もないのに手にしてシャッターを切りたくなります。シャッター音が低く抑えられているのも美点です。このような使いこなしの楽しみなカメラが、銀塩フィルムの中級一眼レフカメラのボディと同程度の価格で入手できるようになったのは驚きです。

文句なしです
発表されてからずっと欲しかったのですが、K-7発表前にNikon機とフォーサーズ機にかなりお金をつぎ込んでしまい、K-7は忘れようと思ってましたが、どうしても防滴防塵が欲しかったので、安値でK20Dを購入、そして直ぐにK-7を購入しました。このスペックでキャッシュバックがあり、この価格なら文句なしです(K20Dも良かったけど、K-7がかなり良いのでK20Dはオークションに出します)。 K-7の絵は最初は違和感がありましたが、1日、K-7で遊んでいたら、他のカメラの絵が非常に不自然に感じてきました。感性に入り込んで来ますね。 他マウントの方も気になっているなら、レンズ資産に縛られずに、私のようにK-7を買っちゃえ♪きっとすっきりしますよ(笑)私はK-7の購入で、かなりのボディとレンズ、コンデジの処分を決めました。ボディ沼脱出です♪これで部屋もすっきりします。 カメラはそれぞれ個性のある絵を表現してくれますが、K-7はハード面はもちろんソフト面がかなり充実してますので、自分好みに幅広く設定可能です。自分好みに追い込んで行く楽しみがあります。全く個人的な印象ですが、K-7はニコン、パナ、オリンパス的表現を出せると思ってます(G1的絵は出せないかもK-7とG1の2台体制を考えてます)。 不満はボディデザインです。悪くないけど、私はアンバランスさを感じます。減量中のボクサーのようで干からびた感じが…デジタル一眼レフでデザインがダントツで好きなistDと並べて見ると見劣りしますね。ぽっちゃりK20Dと比べても小さ過ぎて存在感が… とは言っても実用性はダントツです。スペック的にも5年は行けるかなこれからK-7とは長く、ゆっくり付き合い、愛着を感じて行こうと思ってます♪♪

PR
【2010/10/19 02:29 】 | 一眼レフ 交換レンズ
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>