忍者ブログ
  • 2018.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2019.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/12/17 02:54 】 |
TAMRON SP AF90 F2.8 Di マクロ 1:1 コニカミノルタAF-D用 272EM
TAMRON SP AF90 F2.8 Di マクロ 1:1 コニカミノルタAF-D用 272EM

TAMRON SP AF90 F2.8 Di マクロ 1:1 コニカミノルタAF-D用 272EM
おすすめ度:


タムロン90mmマクロの伝統は、“Di”となっても生き続けています※写真はニコンマウント用です。フィルター径:55mm /


はじめてのマクロとして最適の一本
「コニカミノルタ用」をソニーαにつけて使っています。

初めてのマクロレンズとして購入しました。ボケのキレイさは評判通りで気に入っています。


APS-C で 90mm は長いかなと思いましたが、花の撮影などでは適度なワーキングディスタンスを保てるので使いやすいです。部屋でテーブルフォトだと少し焦点距離が長すぎると感じますが、背景を整理しやすいという点では純正の30mmマクロより使いやすいかもしれません。

基本的にはマクロ使用時はMFで使用しますが、AFは一度迷うとピントが合うまでに時間がかかる気がします。また超音波モーターではないのでギアの駆動音は気になるところです。



しかしこの価格で等倍撮影を楽しめる、ボケのキレイなレンズということを考えるとを充分です。将来フルサイズのボディでも活用できますのでかなりコストパフォーマンスも良いのではないでしょうか。

優等生マクロ
前ボケ、後ボケともに柔らかく自然な風合。色のりもけばけばしさは感じられずに好ましい濃度で発色します。この傾向がマクロから中望遠の撮影まで続くため、ポートレイト撮影にも向くと言われるのでしょう。ボディ外装はプラスチックであるものの、それゆえ軽量であるのでどんな撮影の時でも常に持ち出せる気軽さも利点です。

初めてのマクロレンズ
EOS KISS X3を使っているので

純正のEF-S 60mmマクロと悩みましたが

マクロ伝説を体感すべくコチラのレンズにしました


第一印象は軽い、マウントが硬い、ですかね^^;

マウントが硬いのは個体差もあるでしょうが

こなれてくれば大丈夫かな・・・?


早速試撮してみましたが描画が柔らかでいい感じですね^^


ただ、繰り出し長が結構あるので、昆虫撮りなんかでは

昆虫を驚かせてしまうかもしれませんね^^;

この辺は慣れの部分もあるでしょうが、注意が必要です


これから花の咲くシーズンになりますので

欠かせない1本になりそうです♪

PR
【2010/10/29 07:56 】 | 一眼レフ 交換レンズ
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>