忍者ブログ
  • 2018.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/10/17 23:14 】 |
TAMRON SP AF 17-50mm F2.8 Di II LD Aspherical [IF] デジタル専用 キャノン用 A16E
TAMRON SP AF 17-50mm F2.8 Di II LD Aspherical [IF] デジタル専用 キャノン用 A16E

TAMRON SP AF 17-50mm F2.8 Di  II LD Aspherical [IF] デジタル専用 キャノン用 A16E
おすすめ度:


軽量・コンパクトなボディで大口径レンズならではの美しい描写を実現
背景を大胆にぼかし被写体をくっきりと引き立たせたポートレイト。素早いシャッタースピードでブレなく切り取ったスナップ。そして、微かな光の中に浮かび上がる風景、夜景の撮影…。デジタル/フィルムカメラ兼用大口径標準ズームとして“世界最小・最軽量”を実現し高い評価を得た傑作レンズ「SP AF28-75mm F/2.8 XR Di」(Model A09)。その設計思想を継承し、F/2.8の大口径レンズならではの卓越した描写性能を、ハンドリングしやすい軽量・コンパクトなボディで実現している。APS-Cデジタル一眼レフカメラで楽しめる写真の世界が、これでまたさらに大きく広がってくる。

広角側は26mmのワイドアングル。さらに、最短撮影距離27cmのマクロ撮影が可能
APS-Cサイズ・デジタル一眼レフカメラの特性に配慮した専用の光学設計により、35mm判換算で26-78mm相当の画角をカバーする。広角側の焦点距離を17mm(35mm判換算:26mm相当)と、軽量・コンパクトサイズながらも一般的な標準ズームより広い画角を網羅している。また、このクラスの大口径標準ズームレンズではトップクラスの、最短撮影距離27cmをズーム全域で実現。50mm側での最大撮影倍率も、クラストップレベルの1:4.5を達成しており、気軽に本格的なマクロ撮影が楽しめる。

デジタル高画質
SP Di IIクラスのレンズとして、高解像・高コントラスト・平面性に優れた像面など、高品位なデジタル画質を実現する優れた光学設計。

特殊硝材を多数採用
XR(高屈折率)ガラスの活用により、全体の光学パワー配分を最良化し、コンパクト化を図ると同時に諸収差を良好に補正する。さらに、複合非球面レンズ2枚を配置することにより、描写性能はそのままに光学系全体をさらに短くすることが可能となった。また、LD(異常低分散)レンズ1枚を採用し、デジタルでの画質向上をもたらす軸上および倍率色収差の補正を実現。全ズーム域で高い描写性能が得られる。

新技術による徹底したゴースト・フレア対策
対物側からの入射光による反射だけではなく、カメラ内部のイメージセンサーから反射してくる光線によるゴースト・画質低下を抑えるため、徹底した対策を実施。新開発マルチコートやインターナル・サーフェイス・コーティングなど、反射防止のための新技術を投入している。

周辺光量の低下を抑制
デジタル一眼レフカメラで目立ちやすい画面周辺部の光量低下に配慮し、フィルムカメラ用レンズに比べ、よりいっそうの改善を行っている。


買ってよかった!
この値段でこんないいレンズを買えるのは思わなかった!

自然風景も人間もペットも…色んな場面でしっかり対応できて

本当に買ってよかったと思います!

常用レンズに最適
αSweetDigitalからα350と常用レンズに使っています。

35mm換算で75mmまであるので街歩きには十分です。

 欲を言えばSONYの標準ズームSAL1870のように、70mmくらいあると完璧。


 細かい画質のことは良くわかりませんが、全域F=2.8の明るさで27センチまで寄れ、重すぎず、軽すぎず、安価で評判どおりのレンズだと思います。



明るい標準レンズです。
夜景を撮影する為に購入しましたが、室内での撮影でもフラッシュを使わずに撮影できます。

標準レンズとして、使っています。

PR
【2011/09/28 23:24 】 | 一眼レフ 交換レンズ
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>