忍者ブログ
  • 2018.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/09/20 20:11 】 |
Pentax DA35mm F2.8 M Limited(ケース・キャップ付)
Pentax DA35mm F2.8 M Limited(ケース・キャップ付)

Pentax DA35mm F2.8 M Limited(ケース・キャップ付)
おすすめ度:


特長●FREE(後群分離型フォーカシング)システムの採用により、近距離から無限遠まで諸収差を良好に補正し、歪みの少ない像を実現。●レンズ前面から約3cmのワーキングディスタンスを実現(等倍撮影時)。●スライド伸縮式でかさばらない専用フードを内蔵。●レンズ前面に、汚れに強いSP(Super Protect)コーティングを採用。●AFでのピント合焦後、マニュアルでのピント合わせが切り替え操作なしでできる「Quick-Shift Focus System(クイックシフト・フォーカス・システム)」を採用。 / 仕様■画角[度]:44■構成枚数[群*枚]:8・9■最小絞り[F]:F22■最短撮影距離[m]:0.139■フィルター径[mm]:49■最大径×長さ[mm]:63×46.5■質量 (重さ)[g]:215■付属品:レンズケースDA70・専用レンズキャップ / デジタルカメラ専用レンズです。


まさに万能です
K-xにて使用しています。買ってよかった点は、

1.換算50mm相当の標準画角で使いやすい

2.マクロレンズなだけに、寄れて接写も効く

3.前景ボケなどの演出にクイックシフトフォーカス機能が便利

4.フードも内蔵でバッグからの出し入れがラク

5.キットレンズよりも明るく、シャッタースピードを稼いだり、

 フラッシュを焚かないで撮影できたりと恩恵が多い

レストランの料理から室内の赤ちゃんまで、ほぼつけっぱなしです。

キットレンズからのステップアップにも最適ではないでしょうか。

…ただしキャップの紛失だけは注意ですね。

単焦点レンズ最高です。
35mm換算で、50mmになるこのレンズ。

その昔、フィルムカメラの標準レンズと言えば、50mmでした。

ズームレンズと共に、50mm標準レンズも持っていると、特に写真初心者の方にはお勧めします。

自分の足で、アップや、広角の感覚を掴むためにはこの画角が勉強になると思います。



満足
持って満足。写して満足。

ピントリングの感触が抜群ですね。古いMFレンズもよく使うんですが、まったく遜色ありません。

写りは正に現代のデジタル専用レンズ。開放から十分にクリアな画像で、ボケも不自然なところがありません。

寄れる標準レンズと考えると、コストパフォーマンス抜群です。

AF時にピントリングが回らなければ、もっと良いんですけどね。

PR
【2010/10/09 05:46 】 | 一眼レフ 交換レンズ
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>