忍者ブログ
  • 2018.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2019.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/12/17 02:56 】 |
Nikon AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-55mm F3.5-5.6 G II ブラック ニコンDXフォーマット専用
Nikon AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-55mm F3.5-5.6 G II ブラック ニコンDXフォーマット専用

Nikon AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-55mm F3.5-5.6 G II ブラック ニコンDXフォーマット専用
おすすめ度:


軽量・コンクトで低価格な、ニコンデジタル一眼レフ専用標準ズームレンズ


最初のレンズ、それは懐の深いレンズ
D40、D60他レンズキットに付属する基本レンズ。

これが最初の1本になった人も沢山居ると思います。


・とんでもなく軽いこと

特に銀塩時代の金属レンズに慣れている方が比較すれば、この重さは極端に軽いです。

多くの部品がプラスチックで成型されているためで、

金属は本当に必要最小限しか使われていません。

そのため高級感はないですが、過去にない軽さを手に入れる事が出来ました。


・そつなくこなすレンズ

いろいろな場面をそつなくこなすレンズで、価格に対して性能は高いです。

比較的やわらかめな描写で、人物撮影には特に適しているでしょう。

まずは家族や友だちを撮影するよね?という予想のもとに作られていると思います。

色調も派手めで、赤や緑があざやかに出ます。楽しさを演出するためでしょうか。

初心者が最初に触るレンズとして必要な性能は満たしていると思います。


・開放F値は大きめ

しかし、風景撮りをはじめると、このレンズは途端に難しくなってきます。

かっちりと、シャープに写したいときに難易度が上がります。

開放F値が大きいため、対象物はシャープにしたいけど被写界深度は浅めにしたいというとき苦労します。

風景の場合、基本的には、「晴天の下で絞って撮る」ほうが向いているように思います。


このレンズが向く場面

 家族や学校、友だちとの行事を、気軽に奇麗に撮りたい

 おさんぽしながら面白いものを気軽に撮りたい

 動物の写真をとりたい

 ブログにのせる写真の撮影

 

このレンズが向かない場面

 静物を撮りたい(いわゆるブツ撮り)

 風景・建築物をかっこよく撮りたい

 花や昆虫を精密に撮りたい

 

低価格デジイチを求める客がどんな層か、と考えると、用途に合致している良いレンズだと思います。


○はじめから風景撮りなどを目的に、Nikonの低価格機を買う人は、ボディ単品+他のレンズのほうが

いいかもしれません。タムロンA09 IIあたりが最初の1本としてお勧めです。

PR
【2011/07/16 06:29 】 | 一眼レフ 交換レンズ
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>