忍者ブログ
  • 2018.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2019.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/12/17 02:57 】 |
Canon EF Lレンズ 70-200mm F4L IS USM
Canon EF Lレンズ 70-200mm F4L IS USM

Canon EF Lレンズ 70-200mm F4L IS USM
おすすめ度:



軽さと映りを両立
ISの効きが絶大です。

200mmという望遠にもかかわらず、1/25でも安定してシャッターが切れます。

また描写も素晴らしく良く、F2.8との差は感じられません。

少しでも明るいレンズが欲しいならばF2.8ですが、普段持ち歩く事を考えれば、半分の重さで済むこちらに軍配があがります。

子供を撮る為に購入しましたが、もっと早く購入しておけば良かったと思う1本です。

なぜこのレンズに最初から出会わなかっただろうか?
なぜこのレンズに最初から出会わなかっただろうか?

いくつかのズームレンズ、単焦点を経てようやく納得の行くレンズにたどり着きました。非常に遠回りしました。

まずは解像力に驚きました。一般に切れ味と表現されますが、このレンズは肉眼で見る以上に鮮明にその瞬間を切り取っている感じがします。

動物を撮ればその毛並みまで生身のように表現できます。むしろこのレンズを通した方が美しくなるような気さえします。

もう一つはボケ味です。非常にキレイに「まぁるく」ボケます。プロカメラマンが撮ったような感じという画が簡単にできます。

満足です。

極めてリーズナブル
絞り1段で目の玉が飛び出るほど価格の変わる交換レンズ。

買い物をするときは妥協の連続です。

でもこのレンズは、f2.8タイプを気にしながらも妥協した辛さを

払拭できる写りを実現してくれました。ボケは2.8に敵わないと

聞きますが、ホントにボケを求める人はズームなんか買わない

だろうし、その意味では価格を含めたすべての点で満足できる

1本ではないかと思います。意外に近接撮影力がありますし、

中遠距離のクッキリ度合いはさすがLレンズと言えます。

フォーカシングも汎用ズームより精度高く作動しているように

思えます。

何度も言いますが、性能と価格のバランスに優れたこのレンズ、

こういった商品を出しているキヤノンに感謝!です。


PR
【2010/10/14 07:08 】 | 一眼レフ 交換レンズ
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>