忍者ブログ
  • 2018.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2019.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/12/17 02:56 】 |
Canon EF Lレンズ 300mm F2.8L IS USM
Canon EF Lレンズ 300mm F2.8L IS USM

Canon EF Lレンズ 300mm F2.8L IS USM
おすすめ度:


キヤノンが誇る光学技術の粋を集め、さらなる高画質を追求した新世代のLタイプ超望遠レンズ
新設計の光学系は蛍石1枚、UDレンズ2枚を使用することにより、二次スペクトルを徹底除去。今まで以上に高解像度、高コントラストな超高画質を実現した。
また、リングUSMの採用やAF駆動アルゴリズムの改善により、世界最速レベルのハイスピードAFを誇る。さらに独自の手ブレ補正機構搭載により、あらゆる撮影条件下でその高性能を最大限に発揮する。
最短撮影距離も2.5mに短縮。そのほか省エネタイプの「フルタイム・メカニカルマニュアルフォーカス」、「フォーカスプリセット」、被写体との間を障害物が横切ったときなどに任意にAFを中断できる「AFストップ機能」の新搭載など、操作性も大幅に進化している。
また、マウント部や可動部の各所にラバーシーリングを採用し、優れた防塵・防滴性を備えている。鏡筒や三脚座には、マグネシウム合金を採用し、従来比295gの軽量化も実現した。


憧れのサンニッパ
ついにサンヨンの置き換えとして新品購入しました。F4やF5.6で使ってもサンヨンよりクリアな描写は、光学的に余裕がある設計だからでしょうか?x1.4のエクステンダーと組み合わせてもサンヨンよりきれいですね。

5DMK2との組み合わせで使うと、本当にウットリした写真が撮れますね。50Dや7Dと組み合わせれば、ゴーヨンの代わりになるので、ゴーヨンを買えない人には大助かりです。


重いのは難点ですが、お勧めの一品です。

Canonを代表するレンズ(旧型のレビューでごめんなさい)
銀塩の時代からCanonを代表するレンズです。私が使用しているのは,一世代前のFE300/2.8LUSMの3型ですが,新型になりIS(手振れ補正)と防塵防滴機能が追加されています。私は,EOS50D,EOS5DMk2でスポーツ,風景などの撮影に使用していますが,一世代前のIS無しのモデルでも,AFスピード,描写性能ともにまったく問題ありません。また,バランスがよいため,EOS5DMk2での手持ち撮影も何とかこなせます。新型では,光学系も再設計され,画質に関してはさらに向上していると思います。Canonの単焦点Lレンズ,特に白レンズは,Canonの広告塔の役目も担っていますので,贅沢なつくりで描写性能も素晴らしいものがあります。ただし,高価なレンズですので三脚,一脚を使用することを前提にすれば,中古で値のこなれたIS無しのモデルを購入されるのも一つの選択肢と思います。

これでも駄目なら諦めるしかない
飛行機を撮るために購入しました。
35mmのフィルム時代から「飛行機撮るならサンニッパ」と言われていますが、デジカメ時代になって画角に変化が生じても抜群のキレ味と明るさからサンニッパは最も使えるレンズのひとつと言って良いです。
EOS保有者にとってサンニッパの最高峰がこのF2.8L/300ISになりますが画質、性能面で非の打ち所が無いと言って良いと思います。逆に言えば、このレンズを使って失敗写真を作ってしまったら言い訳出来ません。「ウデが悪いだけ」という事になってしまいます。
レンズの重さについては思った程苦にはなりませんが、風が吹くと表面積が大きいレンズですので煽られて狙った構図をうまく取れない場合がありますのでそこは注意が必要です。
また、大きなレンズですのでカメラバッグをどうするかを考えた上での購入が必要でしょう。

PR
【2010/12/23 02:22 】 | 一眼レフ 交換レンズ
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>