忍者ブログ
  • 2018.05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.07
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/06/21 06:16 】 |
Canon EF Lレンズ 24-70mmF2.8L USM
Canon EF Lレンズ 24-70mmF2.8L USM

Canon EF Lレンズ 24-70mmF2.8L USM
おすすめ度:


広角域を24mmまで拡大した“L”タイプの高画質・標準ズームレンズ
光学系には研削非球面レンズとGMo非球面レンズを採用、デジタルカメラ使用時に発生しやすいゴーストの抑制とカラーバランスの両立のためにコーティングの最適化が図られている。また、プロ写真家の過酷な撮影条件を想定し、徹底的な防塵・防滴設計。円形絞りと大口径レンズならではの美しいボケ味を表現することが可能。


次のモデルチェンジに期待。
このレンズ、デジタルとの相性がキャノンの純正レンズのなかでも

かなり悪い方です。


フィルムの時は非常に良いレンズでしたが

デジタルでの使用は全くがっかりします。


ピントがきません。

これは光学的ではなく

センサーとの相性の様です。


なんだかデジタルブレ(ボケ)の様なすっきりしない

絵になります。


24-105mmf4はこれに代わりキャノンがデジタル向けに出したレンズですが、

そちらに全く負けています。

ボケは2.8の方が良いですが、

得られる絵柄がいまいちです。


そろそろ新しくモデルチェンジするので

そちらに期待です。

写りはさすがLレンズ。ISがないのが残念。
【操作性】

操作性は他のLレンズと同じで、慣れていれば問題なく使えると思います。


【表現力】

5D MarkIIと組み合わせて使うと、「おぉ!」と言いたくなるくらい綺麗に写ります。


【携帯性】

やや重いですが、5D MarkIIの標準レンズと考えれば、バランスが取れて重く感じません。50Dでも使っていますが、普段から縦位置グリップ付きで使っているため、携帯しやすいです。


【機能性】

やはり、IS付きでないところが減点1になりますね。それ以外は満足しているのですが……。このレンズにISをつけるとサイズがもっと大きくなってしまうから無理なのでしょうか?


【総評】

風景写真をメインとするのであれば、F4のLレンズ3兄弟(17-40,24-105,70-200)で十分満足できますが、もう一つの被写体である鉄道になるとF2.8のLレンズ3兄弟(16-35,24-70,70-200)でないと露出が厳しくなりますね。ということで、鉄道写真を撮る際はこのレンズを含めたLレンズ3兄弟使っています!IS付きにモデルチェンジのうわさがあり、それに期待!

高画質
CanonLレンズの中でも描写力の優れている一本です。重量が重いのがネックですが、それも気にならなくなるほどのものです。

PR
【2011/11/19 06:48 】 | 一眼レフ 交換レンズ
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>