忍者ブログ
  • 2018.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/09/20 20:15 】 |
Canon EF Lレンズ 24-105mm F4L IS USM
Canon EF Lレンズ 24-105mm F4L IS USM

Canon EF Lレンズ 24-105mm F4L IS USM
おすすめ度:


標準ズームレンズ
開放値F4のL(Luxury)レンズのラインアップを構成する標準ズームレンズとして、広角24mmから中望遠105mmまでの幅広いズーム域を実現するとともに、手ブレ補正機構を搭載。非球面レンズやスーパーUDレンズ(キヤノン独自の特殊低分散ガラス)といった特殊光学材料を使用することで諸収差を良好に補正し、Lレンズにふさわしい高画質を実現した。また、過酷な撮影条件下でも高い信頼性を発揮する防塵・防滴構造の採用や、フルタイムマニュアルフォーカス機構の搭載など、プロやハイアマチュアの要求にも応える高性能を備えている。
デジタル一眼レフカメラの撮像素子部分で反射した光が画質に悪影響を及ぼさないように配慮した光学設計を採用するとともに、コーティングの最適化により、フレアやゴーストの抑制と良好なカラーバランスの両立を図った。また、光学系を鉛フリーガラスのみにより構成するなど、環境に配慮した設計を行っている。


さすが!Lレンズ
 前々からLレンズを使ってみたかったのですが、とう々標準ズーム(Lレンズ)を買うことが出来ました。

思ったとおり良いです。花などの接写は良く撮れる方だと思います。ただもう少し安ければなあ・・・ムリカモ。

Canonらしい
解像感のあるレンズです。

一年ほどいろんなジャンルで使ってみましたが、

戸外風景での周辺光量低下はちょっときついですね。

アンダー目に押さえると如実に出ます。

現像の際に救済する手間が一つ増えるということです。

ISはとてもいいと思います。

基本的にシャキッとしたいいレンズで、f4でも、

フルサイズだと浅い深度の絵が撮れます♪

5DIIの標準レンズとしてはいいのでは?
【操作性】

私のレンズは動作が重いなどの症状は見られず、とくに問題ありません。ISが必要な場面では有効に働いてくれます。

【表現力】

5DIIで使うと、24mmあたりの歪曲が目立ちますが、あとの描写については満足な写りをしてくれます。50Dでも十分使えますが、その場合は広角域で使用してもレンズの中央部分しか使わないため、歪曲は特に気になりません。

なお、私の場合、基本はRAWでPhotoShopで追い込んでいきます。

【携帯性】

5Dであったら、これ1本で旅行も賄えると思います。50Dであれば、EF17-40mmF4Lあたりも必要ではないでしょうか?

【機能性】

手ぶれが有効に働いてくれます。私は鉄道写真も撮っているのですが、高速シャッターを必要とする場合はF4ではやや厳しいと思うことがあります。

【総評】

風景写真をメインとするのであれば、F4のLレンズ3兄弟(17-40,24-105,70-200)で十分満足できますが、もう一つの被写体である鉄道になるとF2.8のLレンズ3兄弟(16-35,24-70,70-200)でないと露出が厳しくなりますね。でもさすがLレンズ。写りには問題ありません。



PR
【2011/10/22 13:55 】 | 一眼レフ 交換レンズ
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>