忍者ブログ
  • 2018.05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.07
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/06/21 06:17 】 |
Canon EF Lレンズ 135mm F2L USM
Canon EF Lレンズ 135mm F2L USM

Canon EF Lレンズ 135mm F2L USM
おすすめ度:


F2の誇る明るさを活かした屋内スポーツ撮影や、大口径レンズならではの美しいボケ味を活かしたポートレート撮影に最適。UDレンズ2枚の採用で、二次スペクトルを良好に補正。クラス最軽量の750g、リングUSMとリアフォーカス方式による静粛・高速AFも実現した。操作性に優れたフルタイムマニュアルフォーカス、フィルター枠非回転式を採用している。


デジタル向けではないのに
このレンズ好きですが、そもそもデジタル向けに開発された物ではないので、デジタルで使用するとやはり少し色が浅いです。

まあ色が浅いと云うよりは白かぶりという方があっているかな。


コーティングがアナログむけなんですよね。

レンズの描写はずば抜けて良いですが、デジタルで使用だとその威力もやはり落ちます。

コーティングを変えて出してくれると、なおよいのですが。


ちなみにキャノンの85mmf1.2IIはコーティングを変えて出されています。


非常にリーズナブルなレンズですから

使い勝手はいいと思います。

ポートレートにどうぞ
このレンズの特徴は,F2.0という開放F値です。ポートレートではよく開放絞りを使い背景をぼかしますが,このレンズはぼけ味もよく,その点では最高のレンズです。APSサイズデジ一では,216mmという焦点距離となり,全く同じとはいきませんが,過去発売されていた200/1.8Lに近いものがあります。室内のスポーツ撮影にも使え,オススメのレンズです。

色が濃いレンズです
設計の点で完成されているのかとても素直な描写が魅力です。割と初期の個体なのですが、使ってきてとにかく色が濃いレンズと印象を持ちます。今はデジタルになって色が強調できる時代ですが、それでも、撮像素子に届けられなかった色は出せません。

こういう時代だからこそ、色のしっかり拾ってくれて、それを出せるレンズに強い魅力を感じます。

PR
【2011/12/01 03:02 】 | 一眼レフ 交換レンズ
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>